わけるとふえるおはなし会 in 藤野

「地域の中で非分類協働の暮らしを」「わけるとふえる」という視点で、
主婦や障害のある人、制度上で「障害」の対象者にならない人も
『地域で暮らす人』として40年間一緒に作業してきた
練馬区の社会福祉法人つくりっこの家のみなさまを
タンポポにお招きしておはなしを伺います。

多種多様な人が繋がり合う藤野。
その中でみんなが「地域で暮らす人」としてお互いに支え合い、
分かち合う豊かな地域づくりの為の
大切なヒントが得られること間違いなしです!

日時:2018年9月29日(土)
   12時ランチスタート(希望する方)、14時おはなし会スタート
場所:ふじのタンポポ(相模原市緑区日連618-3)
参加費:無料。ランチは800円(当日払い)
申し込み:お名前、連絡先、人数、ランチの有無を記載してメールにてお申し込みください。
メールアドレス:tanpopo.fujino@gmail.com(コジマ)まで 

おはなししてくれる方
○明星マサさん(社会福祉法人つくりっこの家理事長・精神保健福祉士)
1978年に自宅の開放から始め、精神障害者小規模作業所をつくり、
現在もつくりっこの家で幅広く精神障害者の支援を行っている。
現在つくりっこの家では、Aメンバー(「障害」がすでにある人)39名、
Cメンバー(地域の主婦たちを中心とする「障害」がまだない人)33名、
スタッフ9名が加わって地域の中で色々な仕事をしている。

○内田民子さん(つくりっこの家運営委員会委員長)
つくりっこの家Cメンバー代表。30年に渡りつくりっこの家でCメンバーとして活躍。
現在はAメンバーと一緒に東京都の福祉施設の受付業務などの施設外就労勤務を主に担当している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。